スタディクラブの後輩たちに講話をしました

973cb9e9f67fcb2a5e559db2db248482
先週の終末、所属しているスタディクラブの夏の勉強会(合宿)で講話をしました。演題は歯冠形成術についてでした。
歯冠形成術とは噛み合わせ治療の手段のひとつで、体にとって有害な歯の接触をとりのぞいて不快な症状を軽くする手段です。
Robert Jankelson 先生のテキストをもとに講義と実習をさせてもらいました。
25名の会員の先生方が参加してくれましたが、意外なことに歯科治療と全身症状について若い会員たちの関心が低いことにはある意味で愕然とさせられました。
多分現役の若い歯科医師は目の前のことに対応することに忙しく余裕がないためなのでないか思いました。
咬み合わせが原因で辛い全身症状で苦しんでおられる患者さんは巷にあふれているのにそれを救うことのできる歯科医の意識が思ったより低いのです。
これからもそのための啓もう活動に力をいれていかなければならないと強く思った次第です。