矯正治療が原因?治療後におこった不定愁訴にたいする対策

 

歯列矯正治療が原因?矯正治療後に起こった不定愁訴とその対策

歯科矯正治療後にそれまでなかった不定愁訴んで悩んでいる人は少なくありません。

矯正治療にはそれまで安定していた噛み合わせのバランスを崩してしまう危険性があります。

そのために歯科矯正治療後にさまざまな不定愁訴に襲われて体調を著しく崩してしまう人が増え続けています。

噛み合わせに対する十分な知識を持ち合わせない矯正歯科医にそのことを訴えても多くの場合、まともな答えが返ってくることはなく、ほとんどの場合泣き寝入りで終わってしまいます。

ここでは多くみられる不定愁訴の内容とその原因、矯正治療との関連、解決法などを噛み合わせ治療専門医として解説させていただきます。

目次

1.矯正治療後に現れる不定愁訴とは

 1-1.最近増え続けている矯正治療後の不定愁訴

 1-2.矯正治療後の不定愁訴で悩む人々

 1-3.矯正治療と関連する不定愁訴の症状

2.なぜ矯正治療後に不定愁訴が起るのか

 2-1.矯正治療は見た目の改善が目的

 2-2.矯正治療のために狂う可能性のある噛み合わせの異常

3.矯正治療後の不定愁訴の治療法

まとめ

内容は以下をクリックしてご覧ください。

歯列矯正治療が原因?矯正治療後に起こった不定愁訴とその対策

kamikami-awase.hmup.jp/blog/30 

 

 

 

 

 

 

 

歯列矯正治療が原因?矯正治療後に起こった不定愁訴とその対策

kamikami-awase.hmup.jp/blog