院長情報ブログ

2018年5月28日|カテゴリー「院長情報ブログ

【噛み合わせの症状:肩こり】症状・原因・治療法

肩こりや首筋の痛み、頭痛などで苦しんでいる人は多く、一種の国民病といっても過言ではありません。

それほど多くの人がが苦しんでいるのにもかかわらず、医者に行っても肩こりは治りません。

肩こりは肩の筋肉が緊張した状態です。

そのため筋肉の緊張を緩和してあげれば肩こりはなくなります。

肩の筋肉の緊張は噛み合わせの悪さからきます。

そのため噛み合わせを治せば肩こりは解消できます。

今回は歯科医である私が、噛み合わせの異常からくる肩こりについて「原因」「症状」「治療法」をお伝えします。

目次

1.噛み合わせが悪いとなぜ肩がこるのか?

2.嚙合わせが原因で起こる肩こりの症状

2-1. 肩こりで苦しんでいる人々

2-2.肩こりは他の症状と一緒に現われる

2-3.肩こりの治療は歯科でしかできない

3. 嚙合わせ治療による肩こり治療の効果

3-1.肩こり治療の改善率

3-2.肩こり治療で改善した人

4.肩こりが楽になる噛み合わせの治療

5.まとめ

内容は以下をクリックしてご覧ください。

【噛み合わせの症状:肩こり】症状・原因・治療法

kamikami-awase.hmup.jp/blog/c31 

 

2017年11月19日|カテゴリー「院長情報ブログ
ae46b1f460ee46f789c27b264a6cb4215
先週は私の愛読書である週刊新潮から取材を受けました。
11月23日発売の週刊新潮ですが、「最新のデンタルドックのすすめ」という企画へのコメントを求められました。
内容は身体にとって歯がはたす役割についてでした。
歯が果たす役割としては、まづ第一に生命を維持するためにものを咀嚼することが必須であるという答えがすぐに思い浮かびますが、その他にも重要な役割があることを強調しました。
f61b33fa3b529c5174865ee6f58d5233
それは上下の歯が噛み合うことで、それ自体がからだの骨格の一部を構成しているということです。
そのため歯のかみ合わせが失われたり、異常な関係になったりしたらからだの骨格全体へ影響が及び、姿勢の安定が保てなくなる可能性がるということを強調しました。
とくに重い頭部を支えて二足歩行する人間は、身体のバランスを崩しやすい宿命を抱えています。