検査と診断

検査と診断

治療を成功に導くためには、正しい診断がおこなわれなければなりません。
当院の治療が多大な成果をおさめている理由は原因を正確に把握し、科学的で客観的なデータにもとづいて診断を行い、それにもとづいて正確な治療をおこなっているからです。

噛み合わせ症候群は、普段ものを噛んでいるときの顎の位置と、顎が楽でいられる本来の顎の位置(下顎安静位)とが一致していないことが原因で起こっています。治療はその二つの顎の位置(咬合位と安静位)を一致させることを目的としておこなわれており、多大な成果が得られています。

正しい診断のためにはこの二つの顎の位置が、どのくらいずれているのかを正確に知る必要があります。

この二つの顎の位置のずれの大きさは、1ミリの何分の1という場合もありますので、これを狭い口の中、まして肉眼で確認することはほとんど不可能です。
そのずれを正確に測定して客観的に記録し比較するためには、高度なテクノロジーの力をかりなければなりません。

正しい総合的な診断のためには、下顎の位置を測定する装置(CMS)※だけでなく、筋肉の状態を知るための筋電計(EMG)※や、顎関節の状態を調べる音波診断器(SNG)※も使われています。


顎の位置を調べる装置
今から40年も前にこの目的のための計測機器が開発されました。そして一部の臨床家のあいだで使用されてきて、度々の改良を加えられながら今日にいたっています。


下の写真は、7回目の改良の結果現在使われている、K-7という検査機器です。
顎の位置を調べる装置


この装置を使うと、口の中をのぞかなくても、歯を噛み合わせているときの顎の位置と安静にしているときの顎の位置を、コンピュータの画面の上で比較することができます。

この装置ができたおかげで、噛み合わせ症候群の診断と治療は飛躍的に進歩しました。
初めて科学的で客観的なデータにもとづいた診断と治療ができるようになったのです。
噛み合わせ症候群の診断と治療は、顎の楽な位置、すなわち下顎安静位を基準にしています。診断はそこからの距離を測ることであり、治療はその位置で機能ができるようにすることです。

下顎安静位は筋肉が安静であること大切な基準ですが、そのためには筋肉が安静であるかどうかが証明されなければなりません。そのために開発されたのが、歯科用の筋電計です。

筋肉の状態を調べる筋電計
この装置を使うと心臓の状態を調べるために心電計が使われるように、咀嚼筋の状態を調べることができます。

この筋電計はおもに筋肉の安静状態を調べるために使いますが、そのほかにも、筋肉が正常に機能するかどうかを調べることができます。

下の写真は筋電計で電極を用いて筋肉の状態を調べているところです。
筋肉の状態を調べる筋電計



噛み合せ症候群の診断のポイントは、安静位と咬合位の関係を調べることです。

安静位を調べて記録するためには、筋肉が安静状態でなければならないのですが、もし十分に安静状態でない場合にはできるだけ安静常態に導く必要があります。そのためには低周波治療器を使います。

通常は「あごの力を抜いて楽にしてください」とお願いすればほとんどの場合、
あごの筋肉は安静状態になるのですが、噛み合せ症候群が進んで筋肉が硬直している場合には簡単に安静状態になりません。

顎を支えている筋肉のうちで一つでも安静ではなく硬直した状態の筋肉があると、そのために顎の位置がかたより、本当の意味での安静位が記録できない場合がでてきます。


顎を安静位の導く方法
筋肉の緊張状態を解きほぐして安静状態に導くためには、低周波治療器の一種であるTENSという装置を使います。検査する前にこの装置を約60分ほど使用して、筋肉のリラクゼーションをはかります。
顎を安静位の導く方法


TENSを使用する前に筋電計をもちいて筋肉の安静の度合いを計測しておき、使用後に再び計測して筋肉の安静状態を確認します。

筋肉も関節も完全にリラックスした状態を確認した上で下顎の安静位を計測して記録します。

咬合位の計測は普段いつも噛んでいる状態で噛んでもらい、そのままの状態を記録します。


二つのあごの位置の差を表示する
K-7(顎運動計測記録装置)の画面上に二つあごの位置を教示して比較します。下の図はその画面を示しています。

図には2つの図形が表示されていますが、図の左半分はあごを横から観察している図で、右半分は前から見ているところを表しています。(図の顔の絵を見てください)
二つのあごの位置の差を表示する
これは上のデータの図解です。
二つのあごの位置の差を表示する


このデータは噛み合せ症候群の重い症状をもっている患者さんのものですが、あごの力を抜いてリラックスした時のあごの位置と歯を噛み合せたときのあごの位置を示しています。ご覧のように二つのあごの位置は一致していません。

前後的に3,8ミリ安静位咬合位は後方にずれていることがわかります。さらに2.8ミリ低位咬合になっていることもわかります。
前方から見たデータでは上下方向の位置は一致していませんが、左右方向のずれはないことがわかります。
下の写真はそのときの患者さんの下顎の状態です。(下顎安静位)

二つのあごの位置の差を表示する

これは同じ患者さんが普段ものを噛むときのように、上下の歯を噛み合せているときの状態です。(咬合位)

二つのあごの位置の差を表示する

一見よく噛めているようで問題はなさそうなのですが、この患者さんはこのように噛み合せると顎や関節に無理な緊張を感じ、長く噛んでいると頭痛や首、肩、関節などの部位に不快感や痛みを感じるようになります。