20年来、耳の閉そく感で悩んでおられた患者さんが喜びの手記を寄せて下さいました。

bf9e5bed243d25ac9772f415d4cfa8f73
20年以上の耳のつまり感が消えました!
23年くらい前からどうも耳の奥の方で詰まっているような違和感があり耳鼻科に通いました。聞こえに異常はなく吸入などしましたが、治る感じがせず耳の後ろの顎関節を強く押したりしてやると少し治るので、その頃から嚙み合わせだなあと自分なりの診断をしていました。
出っ歯と歯並びの悪さから、自然に口を合わせた位置からものを噛むときには下顎が奥に入っていたのは自覚していたからです。
でもこの嚙み合わせを診て下さる先生はいらっしゃらず、虫歯の治療でかかってかみあわせを尋ねても上手にごまかされたり・・・
矯正をしている知り合いがいたらどこにかかっているのか歯医者さんを聞き、何軒か相談もしましたがどうも私の違和感を理解してくれる様子ではなく相談だけで終わりました。
50代も半ばを過ぎもう諦めていよいよ悪くなったら入れ歯にしようと思っていたある夜、おばあちゃんになって嚥下できなくなる夢をみました。そしてあきらめずに先生を捜してみようと思った時、身近な方で矯正なさってたのにどこにかかってたのかお聞きしていなかったのを思い出し、その方からやっと安部井先生にたどりつきました。
すぐにいらっしゃいと言って診てくださり、問診と私の顔をみただけで症状をきちんと理解してくださいました。先生が仰る治療の見通しと具体的な治療の方法も、ひとつひとつが納得のいくものでした。
オーソシスを入れて1カ月経過しただけで耳つまり感は消えて体調はすこぶる良くなり、下顎がきちんとした位置で落ち着いたので表情も変わりました。長い間劣等感を持っていた歯並びが直りはじめると友人からも「何か感じが変わったよ」等と言われるので「今、口の中の大工事中なの」といっています(笑)。
まだまだ治療は道半ばですが、安部井先生に出会えた幸運に感謝すると同時に噛み合わせのことをきちんと診て下さる先生が増えることを切に願います。